ただの10分がトンネルのように長い

午前を抜けて一刻も早く昼飯を食べたいという話である(朝食抜き、12時になったらプロテインとバナナとヨーグルトを食べてから、好きなものを食うというルール)。もう朝の10時くらいから全然時間進まないの。散歩に行ったり本読んだりゲームしたり時間潰しているつもりで、全然時が過ぎないわけ。一体どうなってんだよ相対性理論!私は和菓子屋のお菓子が食べたいの!

あんまりに暇で、とりあえずお布団で天井をぼーっと眺めたり、寝転んで閉めたカーテンから溢れる日光を眺めたりして、やや病んでいる人になっていた。いや、でも……なんでもないようなことが幸せだったと思うらしいから……。(どんな日常の風景でも、それなりに探せば、どうやらなんでも綺麗に見えるらしいという話)

今日のおやつは蒸しカステラでした。最高に美味しい。夜は寿司(半額)とレバニラ(半額)と酢豚(半額)。お惣菜も最高やな!