風力発電を見るたびにシムシティを思い出す

風の強い海沿いの町に住んでいるので、外に出ると風力発電機っていうのかな、風車がくるくる回っているのがよく見える。この風力発電機を見ると、昔よくプレイをしていた「シムシティ」を思い出す。

「シムシティ」はプレイヤーが市長になって都市を開発する有名なゲームで、上級市民のためのメガロポリスを作るのに途中で飽き、いかに上下左右のマップを劣悪なサテライトにするか苦心しながら最後にメルトダウンを起こしてみたりした。昔はPCゲームが大好きだったが、その中では特に「シムシティ」「シムピープル(シムズ)」「ザ・ファミレス」の三つにのめり込んでました。無料ゲームを入れるのなら「レミュオールの錬金術」とか「自給自足(無人島ゲーム)」にも相当時間を取られたけどな……。(フリーゲーム全盛期の時代を生きた)

ちなみに「シムピープル(シムズ)」はキャラクターを作って家を建て、そのキャラクターの人生をゆりかごから墓場までロールプレイするやつで、これにまあ私の人生を狂わされたと言ってもいい。このゲームから得たものは割とあって、「突発的な快楽より手入れされた快適を環境に配置せよ」とか「金を得るにはとにかく時間を注いだスキルアップが大事」とか「なぜこのキャラクターは私の操作を外すと遊ぶことしかしないのか?そしてなぜ私には私を操作するプレイヤーがいないのか?どのように私は私を操作すべきなのか?」などといつもボンヤリ考える羽目になった。
また、自分で建てた、海のそばにある広く美しい家から、夕暮れを眺めるのが大層好きだった。このゲームのおかげで、人生設計について考えさせられることになる。(活かせたわけではない)
なお、飽きると大量にモブをパーティに呼び寄せて焼死させたり餓死させたりで、カラフルな幽霊屋敷を作っていた。いまだにこのことを覚えている妹に、サイコパス呼ばわりされる羽目になっている。

「ザ・ファミレス」にもなかなか人生を狂わされたな。ファミレス営業を行うゲームのスピードが純粋にパソコンのスペックにかかっていたので、もっと早くするにはどうしたらいいのか?新しいパソコンはどういうのを買ったらいいのか?とPCに興味を持つきっかけになったと思う。今はPCをカタカタさせる仕事で食っているから、「ザ・ファミレス」には感謝している。サンキュー。ゲーム脳のおかげで人生がずいぶん楽になったと思う……などと思いながら散歩をしていたのだった。「シムズ」で遊んでた過去の私みてるー?お前がゲームをやりながら望んだ生活、今8割くらい叶っとるぞ。